研修だけでは身につかない?!全社をあげて指導していく環境が必要

by admin

新人に対しておこなわれる研修

企業が新入社員を採用した時には、入社後に研修をおこなう企業が多いです。その研修内容も社会人になったばかりのために、ビジネスマナーが中心になることが多いです。社会人としての言葉づかい、挨拶の仕方、電話の受発信の方法、名刺の受け渡し方等々と、ビジネスの世界では当たり前にある場面で必須なことばかりです。実施担当になることが多い人事担当者も、ここでしっかりと身につけてもらって、職場に帰って実践してもらうことを期待しておこないます。


ビジネスマナーは外部委託されることも多い

そのような新人研修の内容も、社会人になる前にも普通におこなわれていることばかりですが、一番は言葉づかいや受け答えのパターンを見につけることが重要になります。研修ではロープレを中止に、そのためのパターン別のテキストが使用されることが多いです。また社内でおこなうよりも、ビジネスマナーの研修をおこなっている企業に外部委託する会社も多く、社内の人がおこなうよりも慣れ合いの気持ちを排除して実施することができます。


職場に戻っても見てもらえる環境づくり

そのように新人研修で身につけたことが、自分も職場に戻って実践できているかの評価を得るためにも、その職場の上司も研修内容を知っておく必要があります。その内容で教えられたことが実践できているかを確認して、時には新人に対して上司が再度指導する必要もあります。研修の一度で身につけるのは難しく、全社をあげて新人研修を意味あるものにするためには周囲から新人の様子を見て、都度指導できるような環境にすることも重要になります。



社員研修の目的は、新卒の新入社員に基本的なスキル及び、社会人としての最低限度の言葉遣いや礼儀作法を習得させることです。

社員教育の続きはこちら

Comments are closed.