決して絶対匿名とはいえないネットの世界!

by admin

見えない相手への配慮

いまやパソコンだけではなくスマートフォンからも接続でき、生活の必需品にもなっているインターネット。お買い物をしたり友達とメッセージのやり取りをしたり使い方はいろいろです。しかし、だからこそ気をつけて使っていかなければならない部分も多くあります。「相手の顔が見えないから多少のことならなにしても大丈夫でしょ。」と思ったら大間違えです!相手のことが見えないからこそ相手に気を使いインターネットを使用していかなければなりませんね。


SNSでの人とのやり取り

LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど挙げたらキリがないほどSNSがいまの世の中に普及しておりそれを利用しています。ある人は共通の趣味の友人を見つけるために使ったり、ある人は日記の代わりのように使ってる人もいます。しかしこういったものは誰が見ているかわかりません。鍵付きのアカウントにしてるから問題ないと思う人もいるかもしれませんがそれだけでは不十分です。誰に見られているのかわからないということを踏まえた上で適切に情報を発信していかないと大変な目にあってしまうかもしれませんよ?


業務上知りえたことの流出防止

アルバイトをやり始める際など「業務上知り得たことについてSNSでの投稿を禁止する」といったような文面の契約があったかと思われます。自分では大したことじゃないから言って大丈夫だろうと判断したことでも企業にとっては大きな不利益を被ることになり下手したら裁判沙汰になったりするかもしれません。そうなると個人の責任だけではすまなくなってくる危険性も秘めているのでSNSで発信していくことは自分で適切に判断できるモラルも身につけていかなければなりませんね!



インターネットの検索サイトで検索されるときのサジェスト対策は、とても重要なことになります。そのため、専門の業者や弁護士に相談するとよいでしょう。

Comments are closed.