ビットコインで決済ができるのか!それがこれからの課題

by admin

電子マネーではないですが

ビットコインと言うのが一時期、とても流行したことがあります。これは今でも実はしっかりと根付いていますし、世界的に普及する動きは見せています。当初はその投機性のみが目に行くことが多かったですが、しっかりと決済手段として使われるようになっています。それがこれから普及するかどうかが重要であるといえます。ビットコインは電子マネーではなく、仮想通貨です。ですから、使えることが重要であり、これからの課題です。


決済に使えることが重要

貨幣ではありますが、信用に関する担保が国家ではないので、非常に難しいです。決済に少しでも使えるようになるのが、これから普及するかどうかはそこで決まります。但し、今でも投機性が強く注目されています。それは間違いなく、良い点ではあります。実際の通貨も為替取引という投機のやり方があるわけですから、そちらの方面で高い需要があることは悪いわけではないです。しかし、価値が安定していたほうが決済として使いやすくなります。


ビットと言う意味とは

ビットコインといいますとが実際にビットであるのかは別です。ビットとはコンピュータの最小単位です。ビットコインと言う名称もあくまで総称であり、いくつかの物があります。それをよく意識して、どれを購入するべきか、取引をするべきかを考えると良いです。何時まで使えるのか、という不安も有りますが、コンピュータネットワーク時代においては無価値になることはないです。無尽蔵に作れるわけではないのも、これからが期待できる通貨としての要素です。



ビットコインは、それぞれの国で購入することができ、海外での取引に利用した場合でも、通貨交換する手数料がかからないメリットのある電子マネーです。一方で、セキュリティの脆弱性から問題も起こりました。

Comments are closed.