注意が必要!ソフトによって対応しているOSが違う!

by admin

パソコンを購入するときにはOSが重要です

パソコンにはOSというソフトがあり、OSはパソコンを使用するときには必ず必要なソフトです。代表的なOSはwindowsとMacですが、二つのOSでは画面の見え方が変わります。パソコンを使用していると様々なソフトを使うことになりますが、ソフトによってはwindowsとMacでは対応しているソフトが異なる場合があります。自分が使いたいソフトにOSが対応しているのか、調べてからパソコンを購入する方が良いでしょう。


学校や企業によってはOSが指定されています

パソコンに内臓しているOSのソフトでもあるwindowsに対応しているソフトが多いので、初心者がパソコンを購入する際にはwindowsを選択する方が無難でしょう。しかし、パソコンを使用することに慣れている人は好みがあるので、Macを好む人も沢山います。大学や企業によってはOSを指定される場合があるので、事前に確認する必要があります。人によってはwindowsとMacの二つを所有している人もいますが、二つ所有している人はお仕事でパソコンを使用している人がほとんどです。


中古のパソコンにはデメリットが多い

パソコンを購入するときには、中古を購入することがオススメできません。中古のパソコンは購入当初からパソコン内にウイルスが進入している場合があります。しかし、購入当初からウイルスが進入していても中古のパソコンには保障期間がないので、メーカーのサポートを受けることができません。新品のパソコンは未使用なのでウイルスが一切進入しておらず、万が一の故障のときにでもメーカーがフルサポートして2年から3年の保障期間があります。



パソコンを敬遠し、慣れない人はつい「手書きでいいよ」など避けてしまいがちです。でも、使いこなせばデータの使い回しやキレイな仕上がりが期待できます。

Comments are closed.